主人公と旅を共にする仲間たち

主人公と対立する組織”シンガシャ”

旅で出会う仲間たち

カナタ cv:花江夏樹

エンドラに飛ばされてしまった地上人。地上にいる頃からエンドラについて研究し続けていた。普段は頼りなさそうに見えるが、ここぞという場面ではリーダーシップを発揮する。

ハルカ cv:津田美波

兄と共にエンドラに飛ばされてしまった地上人。成績優秀、スポーツ万能、おまけに亡き母親に代わって家事までも完璧にこなしてしまう。面倒見がよく、仲間たちからの信頼も厚い。

ダニエル cv:小野友樹

アードミール遺跡の新たな主が出現するという予言を聞き、駆けつけた戦士。戦いのセンスはずば抜けていて、経験の浅いカナタを力強くバックアップする。物憂げな眼差しが特徴的。

デニーダ cv:大原さやか

アードミール遺跡の管理人。一筋縄ではいかない性格の持ち主。基本面倒臭がり屋だが、自分の好きな物が絡むと積極的になる。人を見る目がある一方、彼女の勘はいつも外れる。

パニーシャ cv:石原夏織

アードミール遺跡でデニーダと共にいるサポート役。とても優しい性格をしていて、みんなに愛されている。一方、いつも自信がなくおどおどしていて、少しそそっかしいところがある。

アントム cv:松風雅也

カナタたちに助けられ、恩返しと称して旅に同行する。男性には厳しく、女性には甘い。女好きのようだが、本気で落とそうとしているのかは不明。カナタやハルカには気の良い兄ような感じで接する。

ヴォルキンゼ cv:石塚運昇

エンドラ人に奪われたズー族の誇りを取り戻すべく、立ち上がった戦士。『シンガシャ』を組織し、エンドラ人に力で対抗する。カリスマ性に溢れ、多くのズー族たちの尊敬を一身に集めている。

グランロディ cv:梅原裕一郎

シンガシャの副団長として、ヴォルキンゼを支える。武闘派が多い組織の中にあって、知勇兼備の彼の存在は異彩を放つ。いかなる状況でも冷静さを失わない。仲間内では野心家として警戒されている。

バドミラン cv:森久保祥太郎

シンガシャの団長ヴォルキンゼの片腕として名を馳せる男。強者と聞けば、相手が誰であろうと襲いかかる戦闘狂だが、仲間からの信頼は厚い。また、出世にも貪欲で、常に大物の首を狙う野心家でもある。

シャーリィ cv:内田真礼

シンガシャの女性兵士。狂暴な団員が多くを占める中、女性ながら特攻隊長にまで上りつめた実力派。美しい肢体から繰り出される技の数々に、団長ヴォルキンゼも信頼を寄せており、貴重な戦力として重宝している。

ミント cv:伊瀬茉莉也

エンドラでも有数の資産家の令嬢に生まれる。のほほんとしたマイペースな性格の持ち主で、旅先の秘境で魔物と遭遇しようが一切動じない。両親は愛娘に帰ってきて欲しいと願っているが、彼女は構わず旅を続ける。

オリーブ cv:芹澤優

今では没落してしまった、ひと昔にエンドラで栄華を極めた実業家一族の娘。プライドが高く、今の貧窮な自分を決して認めようとしない。かつての栄光を取り戻すため、祖父が遺したと言われる一族の遺産を探している。

ヤマブキ cv:潘めぐみ

アサシンに生まれたエボシニア。日常的に存在を消すことが癖になっていて、誰にも気づいてもらえない。一見暗そうに見える彼女も、実は明るく根はポジティブ。自分の存在に気づいてくれる、真の友達を探す旅に出る。

アテナ cv:金元寿子

大盗賊になることを夢見る盗賊見習い少女。すばしっこく手先が器用な彼女だが、そそっかしく少し天然。アントムを尊敬し弟子入りを希望するが、その願いは中々成就しない。

スノウ cv:茅原実里

化宝具に対する膨大な知識を持つエキスパート。もともとはエボシニアの小さな里で暮らしていたが、ある出来事によって村を追い出されてしまう。エルアーダのオフェリアとは親友の関係。

シャスハ cv:洲崎 綾

剣士の父親に一人娘として、幼少期から厳しい修行を受けて育った。自分の進むべき道に迷い、村を飛び出す。普段はドジでおっちょこちょいなところがあるが、戦闘では人間が変わったかの如く類稀なる剣才を見せる。

アッシュ cv:木村良平

エンドラを放浪している、百戦錬磨の騎士。公平公正で高潔な人格の持ち主である彼はまさに生まれながらの騎士。アントムとはかつて同じ騎士団に所属した時期があり、二人の間には強い絆がある。

レネット cv:小清水亜美

エルアーダの有力部族に生まれる。才能と戦いの資質は部族内で評価されていて、未来の族長として期待されている。独特な性格の持ち主だが、とても素直で仲間から憎まれることはない。

チトセ cv:櫻井孝宏

間の抜けた胡散臭い振る舞いだが、どんな窮地に立たされても決して冷静さを失う事はない。アードミールの主の噂を聞きつけ接触を図ってくるがその真意とは。デニーダ、パニーシャとの間にも何やら因縁がある模様。

コメット cv:桑原由気

美少女戦士に憧れを抱く、正義感の強いエボシニア。とてもいい子だが少しわがままな一面があり、周囲を無理やり巻き込んでいく。カナタたちの活躍を聞きつけ、プリティー戦士の勧誘にやってくる。アガットやガンメタルとは幼馴染。

サンライト cv:田村ゆかり

ズー族の中でも珍しい蝶種族。光り輝く蝶の羽根は希少価値が高く、エンドラ人の間で高額で取引される。彼女はいつでも微笑み続けるが、どことなく儚げな印象を周囲に与える。

ソレント cv:梶 裕貴

容姿端麗なエルアーダ族の青年。普段はクールに振る舞うが、ひとたび戦場出ると熱くなり、時に素直で義理堅い一面も。彼に群がる女性は後を絶たないが、そんなことには一切興がなく見向きもしない。

ハクジ cv:上坂 すみれ

とある事情で家を飛び出した、ズー族の少女。気が強くて負けず嫌いだが、好きになった人には甘い顔をしてしまうなど、典型的なツンデレ。実は奥手でうぶだが、それを隠そうといつも必死に強がっている。

ウィスタリア cv:久野 美咲

とっても無邪気なエボシニア幼女。遊ぶのが大好きで、誰彼構わず遊びに付き合わせようとする。魔物との戦闘では比類なき強さを発揮するが、彼女には敵という概念がないらしく、魔物も遊び友達だと思い込んでいる。

レタス cv:木村 珠莉

とても面倒見の良い、博愛精神に満ちたズー族のナース。一生懸命に働くのだが、その不器用さ故に様々な医療所をクビになる。特に注射は大がつくほど下手くそだが、それとは打って変わり矢の扱いは天下一品。

エルブ cv:花澤香菜

王国騎士団に所属するエリート騎士。今は亡き彼女の父親は王国騎士団々長を務めた英雄。エルブは英雄の名を汚さないよう、自らを律して軍務に励む。それでも周囲からは親の七光りと陰口を叩かれている。

マジョリカ cv:早見 沙織

アステール教を信仰する戦う女司祭。自分に降りかかるあらゆる困難を神の試練と解釈する。性格は良くも悪くも純粋で一途。自らの生命の危険を顧みず、彼女は勇敢に戦い続ける。

フレイア cv:井上 麻里奈

自他問わず誰にでも厳しい孤高のエボシニア戦士。困っている人は見捨てることができず、必ず救いの手を差し伸べる。クールで愛想はないが、その小さな身体の内に秘める想いは熱く、義理と大義名分を重んじる。

アルカディア cv:てらそままさき

修行の旅を続ける質実剛健なズー族の戦士。エンドラの種族間対立に深く心を痛めている。常に己を磨き、思いやりに溢れ、種族を問わず弱き者を守る姿に、ズー族ながら共感を覚えるエンドラ人も多い。